「ワークライフバランスの整った世界の都市ランキング」が先日発表されました。ワークライフバランスとは、「仕事と生活の調和」のことです。以前に掲載した記事でも、欧州と日本の働き方の違いについて紹介しましたが、今回のランキングでも週間労働時間を比較した結果、上位13都市はすべてがヨーロッパ諸国でした。しかも、大国・イギリスの都市はひとつもランクインせず。いったい、どの国のどの都市が上位13までに入ったのでしょうか?

ワークライフバランスのランキングの上位は欧州諸国

これはビジネス・インサイダーがまとめたランキングですが、各都市の週間労働時間を比較しています。

実際に訪れたことがある方は、人々の暮らしぶりや働きぶりを思い出してみてくださいね。

1位 パリ(フランス) 30.84時間

image by: Flickr

パリジャンは主要都市の中で最もあくせくしていない人々なのでしょう。

週にたった31時間弱、年間1603.8時間だけしか働きません。これは世界平均と比べても18%も少ないのだとか。

2位 リヨン(フランス) 31.36時間

image by: Flickr

世界で2番目にワークライフバランスの取れた都市にもかかわらず、リヨンはフランス国内でも1位ではありません。

それでもなお彼らは恵まれた状況を享受し、1630時間働いて28.5日の休暇を取っているのです。

3位 モスクワ(ロシア) 31.66時間

image by: Filckr

年間1646時間働く彼らは、同時に約31日もの休暇をとっています。

4位 ヘルシンキ(フィンランド) 31.91時間

ヘルシンキの労働時間は32時間(週)を下回っています。週5日勤務としても、1日の労働時間は6時間30分だけ。これは世界の労働者より平均14%も少ないとのこと。

5位 ウイーン(オーストリア)32.27時間

オーストリアの首都にいる労働者は、年間27日の休暇をとり、平均して年間1678時間をオフィスで過ごしているようです。

6位 ミラノ(イタリア) 32.52時間

イタリアの経済の中心都市でありながらミラノワーカーは働くことには寛大なようです。世界平均に比べるとオフィスで過ごす時間は12%近くも少ないとのこと。

7位 コペンハーゲン(デンマーク)32.64時間

この都市は最近、世界で9番目に生活の質が高いと投票で選ばれた場所でもあります。この結果を受け、市民は労働に対して肩の力が抜けたのでしょう。世界平均より11.4%も労働時間が短いという結果が出ています。

次ページ>>欧州とは歴然の差。日本の就労時間

8位 ルクセンブルグ(ルクセンブルグ) 32.75時間

ルクセンブルグはヨーロッパの小国です。そのためか、彼らは年間31日の休暇と1703時間働きながら、とても肩の力が抜けている生活を送っているように見えます。

9位 ビリニュス(リトアニア) 33時間

週休2日で働いた場合と比べて、週間労働時間は7時間も少ないようです。

リトアニアの首都市民は極めて恵まれた仕事と休暇のバランスで生活しています。

10位 ブリュッセル(ベルギー) 33.02時間

この都市の市民はリストにあるどの都市よりも年間休暇取得日数が少なく、たった18日。

しかし彼らは地球上のどこよりもワークライフバランスのとれた生活をしているため、労働時間自体も年間1717時間しかないのです。

11位 ミュンヘン(ドイツ) 33.1時間

世界における一流のサッカーと最大級のオクトーバーフェストで有名なこの都市の労働者は年間平均29日の休暇をとり、ドイツ国内でも働くことを最低限に切り詰めています。

12位 アムステルダム(オランダ) 33.02時間

ヨーロッパの中で一番のんびりした都市の1つとして有名であり、この評価は妥当といえるでしょう。

年間平均労働時間は1726時間と世界平均より165時間も短いそうです。

13位 マドリッド(スペイン) 33.28時間

スペインの人々は午後にシエスタという休憩を取る習慣があります。

シエスタは太陽の日差しを避けるためのものですが、シエスタが彼らの労働時間を大幅に短縮している格好です。

 

いかがでしたか?

このランキングを分析すると、どの都市の労働者も1週間の労働時間は33.5時間を上回ることはなく、トップの都市にあっては、なんとたったの30.84時間でした。

(※データはスイスのUBS銀行が元になっており、ランキングを発表する前の状態で1週間および1年間の労働時間と休暇をとった日数を考慮しています)

欧州とは対照的な日本の労働時間

これに対して、日本の現状はどうでしょうか。

2014年度の一人当たり平均年間総実労働時間の統計を見ると、1729時間。

それに比べて、ランキングの1位、2位に入ったフランスは1473時間と、256時間もの圧倒的な差があります。

しかしながら、労働基準法をはじめとする法改正や、祝日を増やすという政策主導を取り入れたこともあり、1990年の2031時間と比べると、日本人の労働時間は確実に短く、休暇は増えてきているといえます。

一般的に、日本の社会では集団を優先し、欧州では個人を重視すると言われていますが、この違いが働くスタンスや生き方の姿勢にも大きな影響を与えているのではないでしょうか。

最近では、日本人の中にもライフスタイルに関して多様な価値観の違いが出てきているようですから、今後日本がランクインする日も近いのかもしれませんね。

Image by: shutterstock

Source by: ビジネス・インサイダー, 独立行政法人経済産業研究所, 独立行政法人労働政策研究・研修機構

文/桜井彩香

出典元:まぐまぐニュース!


Adidas Originals STAN SMITH NIGO S79591 スタンスミス 25 (21026928)

Adidas Originals STAN SMITH NIGO S79591 スタンスミス 25

大変人気のため、品切れが続いております。ご注文前に在庫確認のお問い合わせをお願いいたします。

Adidas正規品を取り扱っている店舗にて買い付けいたしますので、箱付きのままでお送りいたします。



★☆★ ご注文の前にお読みください ★☆★

※必ず【お取引について】のページにつきましてもご確認下さいませ。
ご注文の際には、その内容にご同意いただいたものとさせていただきます。


《発送の目安について》

商品の買い付けはご注文後となりまして、約3〜5営業日のお時間を頂戴いたします。

商品入荷後は、検品確認の上、迅速に発送とさせていただきます。


《配送方法/日数について》

◇韓国郵便局(国際郵便)
ご注文後、約20〜25日程度のお届け(追跡あり)

◇韓国郵便局(特急便EMS)
ご注文後、約7〜10日程度のお届け(追跡あり)

※配送事情により、お届け日が前後する場合もございます。予めご了承下さいませ。
「商品追跡番号」より、商品がどこにあるかをご確認いただくことが可能です。


《商品について》

直営店をはじめとして、正規品を取り扱う店舗にて買い付けいたしますので、間違いなく本物でございます。ご安心下さいませ。

ご注文のタイミングによっては、商品が「完売」となってしまう場合もございます。
万一、ご注文時に「完売」となってしまった場合には、ご連絡を差し上げた上でお取引を「キャンセル」とさせていただきます。
お支払方法にて「その他(コンビニ・ATMなど)」をお選びになられ、すでにお振込みされた場合でも、全額ご返金となりますのでご安心下さいませ。


※当店では「検品」を強化しております。
商品はメーカーや買い付け先にて検品済みではございますが、当店側でも独自の基準にて検品を実施しております。
検品段階にて不良が発覚した場合は、交換対応の上、良品をお送りしております。
特別にお時間を頂戴する場合には、ご報告させていただきます。


尚、下記に関しましては、不良に該当いたしません。

◇ 製造過程における接着剤の付着やはみ出し
◇ 部分的な素材の不備(荒れ、ムラ)
◇ ミリ単位のキズ等

ただし、上記の項目につきましても、商品のデザイン性、機能性を著しく損なうと判断した場合には、発送前に交換対応を実施しております。

「完全なる美品」をお求めになりたいお客様、また商品の細部に渡って状態を気にされるお客様には、店頭でのご購入をおすすめいたします。


※買い付け先の変更などに伴いまして、買い付け価格が大きく変動する場合には、商品価格を変更することがございます。予めご了承下さいませ。



人気の検索ワード:
メンズ,メンズ 靴・ブーツ・サンダル,メンズ スニーカー,アディダス,アディダス メンズ,アディダス メンズ 靴・ブーツ・サンダル,アディダス メンズ スニーカー

関連商品:
セレブ着用★シースルーなボトムが超素敵でセクシー★Tシャツ
★adidas★ Originals Trefoil Series Pull Over Hoodie